AROUND JAPAN

計画中の道の駅 長崎県 各市町村の対応状況

長崎県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
壱岐市壱岐市 0市議会ではフェリーターミナルを道の駅的に活用することが議論されているが、議論の中で「道の駅とかいうとは難しいですけど…」という発言もあり、道の駅登録までは目指していない模様。(H27年市議会の議論より)
諫早市諫早市 0「諫早市まち・ひと・しごと創生総合戦略」には「H31年度までに道の駅設置」と記されているが、H30年度末までは目立った進捗がない状況。H31年度に入りようやく道の駅設置計画の具象化が始まった。市長は市議会で「国道251号線の飯盛町(市南西部)の既存の既存直売所(諫早産農作物直売所フレッシュ251)を生かす形で検討する」と答弁している。従来は市南西部の干拓の里への道の駅設置が最有力とみられていたが、最有力候補地はフレッシュ251に変更になった模様。但し、干拓の里に関しても市側は「有力な候補地であることには変わりない」と答弁している。オープン時期に関しては元々の予定であるH31年度内オープンは微妙な情勢。なお、市長は「諫早市には国道が4本通っている。道の駅は1ヵ所でなければならないということは無い」と複数の道の駅設置も示唆している。(H31年市議会にて)
雲仙市雲仙市 0市東部の国見町多比良港埋め立て地に道の駅設置を検討中。但し、現段階では道の駅設置に賛否両論がある模様。雲仙市自治会町連合会から道の駅設立委員会の立ち上げを提案されている一方で、地域審議会からは「地元商工業者との共存共栄できる仕組みの構築が必要」と慎重を期す提言も出ている。市側はH30年度に予定していた道の駅に関する予算計上を一旦見送り、慎重に判断する方針を示している。(H30年市議会の議論より)
大村市大村市 1H28年3月オープンの道の駅「長崎街道鈴田峠」のH28年度集客数は計画の18万人を上回る24万人。但し、国道34号線バイパスの事業化が決定し、道の駅沿道の旧国道34号線の交通量減少による利用者減が懸念されている。市側はバイパスに道の駅へ誘導する看板を設置する等の対策を行う予定。(H29年市議会の議論より)
小値賀町小値賀町 0
川棚町川棚町 0
五島市五島市 1
西海市西海市 1閉園した長崎オランダ村跡地に入場無料の新たな集客施設「ポートホールン長崎」がH28年4月にオープン(H29年11月に旧施設名の長崎オランダ村に再改名)。当初の事業計画書には道の駅設置の案が記されていたが、現時点では道の駅登録は行われていない。但し、施設自体は道の駅を名乗るのに十分なものであり、水面下で道の駅登録申請を進めている可能性があるかもしれない。
佐々町佐々町 0第6次佐々町総合計画(H23年度-H32年度)の中に主要事業計画として「民間活力を活かした交流拠点の誘致」と道の駅的施設設置の計画が記載されている。
佐世保市佐世保市 1H28年4月オープンの道の駅「させぼっくす99」は集客、売上ともに計画通りに推移しているが、地元客からは不満の声が聞こえている。不満の理由は農作物販売が少ないこと。これに関して市側は「近隣にある直売所、地元の商店と競合関係が生じてくることから農作物は積極的には入れていない」と説明している。(H29年度企業経済委員会にて観光商工部次長の発言より)
島原市島原市 0現在、市内に高規格道路の島原道路建設を計画中だが(一部区間は既に供用中)、高規格道路建設と並行して道の駅設置を検討中。市長は市議会で「島原道路は起点の諫早ICから終点の深江ICまで休憩する場所が1箇所もない。島原市内に1箇所くらい休憩するスペースがあるべきと思うので、道の駅と高規格道路をセットにして前に進めていきたい」と答弁している。(H30年市議会の議論より)
新上五島町新上五島町 0H27年の町議会では中通島の北部の青方地区(国道384号線沿い)にある直売所「メル・カピィあおかた」を、H28年の町議会では廃校となった崎浦小学校(中通島の東部の友住郷地区)を道の駅にする議論が行われたが、現時点では具体的な道の駅設置の計画は立っていない模様。H29年度以降は道の駅設置に関する議論は町議会で行われていない。
対馬市対馬市 0H24年度の市長の所信表明で道の駅設置を宣言。H29年の市議会で市長は中間報告として「農協を中心とした産業団体より道の駅的施設の設置の要望があり、県、市、関係団体と検討している」と答弁。一方で「他市町の道の駅は色々な課題があると聞いているので慎重に検討したい」とも答弁している。
時津町時津町 0×議員から町内への道の駅設置の提案に対して、町長は「道の駅は活力ある地域づくりや地域連携が促進される等の効果が期待できるが、本町には農協や漁協の直売所、民間の直売所やレストラン、物産を製造販売する事業所などがあり、町の活性化の役割を十分に果たしているため、今のところ道の駅設置の考えはない」と道の駅設置を否定している。
長崎市長崎市 1市の南西部の野母崎田の子地区に恐竜博物館設置の計画あり。議員より恐竜博物館に併設して道の駅を設置する提案が出されている。市側は「野母崎田の子地区のにぎわい創出には持続可能なものにする必要がある。道の駅も参考にして、どのようなやり方が良いか検討を行いたい」と答弁している。なお、野母崎田の子地区は国道499号線沿いにあり、潮が引いた時には田の小島が地続きとなる絶景ポイント。世界遺産の軍艦島もみることが出来る。(H29年市議会にて市民生活部長の答弁より)
長与町長与町 0議員からのJR道ノ尾駅舎に道の駅をという提案に対して、町長は「駅構内となるとJRとの協議が必要だが、過去の色々な対応を見ると許可を得るのは難しいと考える。従って道の駅設置は難しいと判断している」とJR駅舎内への道の駅設置に関しては消極的な姿勢。(H27年町議会にて町長答弁)
波佐見町波佐見町 0議員より県道4号線沿い、又はライスセンター(町南部の県道222号線沿い)に道の駅設置の提案あり。町長は「農協が積極的にやるのであれば行政も積極的に応援するが、行政主導でやるのは現時点では大変厳しいと思う」と道の駅設置に消極的な姿勢を示している。(H29年町議会にて)
東彼杵町東彼杵町 1既存の道の駅「彼杵の荘」はH27年度の重点道の駅に選定。道の駅の規模拡大を計画しており、近隣の民間所有地の買収交渉を行っている。特産品の「そのぎ茶」のブランド化や隣接する加工場を活用した新たな商品開発を行う予定。
平戸市平戸市 2既存の道の駅「昆虫の里たびら」のリニューアルを計画中。西九州自動車道の建設に伴い、道の駅沿道の国道204号線の交通量減少が予想されるため、対策として道の駅の魅力アップを図る。(H28年市議会にて田平支所長の答弁)
松浦市松浦市 2H27年の市議会で伊万里湾に浮かぶ福島に、既存の海の駅と歴史民俗館を解体して道の駅を建設する計画が示されたが、H28年度以降は市議会等で道の駅設置に関する議論は行われていない。現在も道の駅事業が継続されているのか、或いは中止になったのか不明の状況。但し、H30年4月に福島に海の駅がリニューアルオープンしたことより、道の駅設置は断念し、海の駅として再出発する道を選んだ可能性が高いと考えられる。
南島原市南島原市 1南島原市では道の駅的要素を持った施設の建設予定が2つある。一つは市西部の加津佐浜浜前地区(国道251号線沿い)に施設を新設するもの、もう一つは市南部の南有馬町地区にある有馬キリシタン遺産記念館に物産施設を併設するもの。但し、正式な道の駅に登録されるかに関しては微妙な状況で、特に前者に関してはH29年9月の市議会で市長が道の駅登録について明確に否定している。