AROUND JAPAN

計画中の道の駅 岡山県 各市町村の対応状況

岡山県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
赤磐市赤磐市 0市内への道の駅又は、まちの駅設置は市長選挙における市長の公約事項。H30年市議会で市長は「赤磐市の玄関口となる公共交通の結節点を含む拠点や道の駅、まちの駅を整備することにより、魅力ある新都心の形成を図っていく」と改めて道の駅、またはまちの駅設置を進めることを答弁している。現時点ではオープン時期、設置場所は未定。
浅口市浅口市 0国道2号線バイパスの部分開通に伴い旧金光町左方地区に道の駅を設置するという議員提案に対して、市側は「バイパスの部分開通の時点では将来的な交通量の見積もりは不可能。交通量の予想が可能になった時点で総合的に検討する必要がある」と早期に道の駅設置検討を行うことを否定(H27年市議会にて産業建設部長の答弁)。その他にも議員よりJR山陽本線鴨方駅南側の洪水調整池付近に道の駅設置の提案があったが、市側はこれも設置を否定している(H28年市議会にて産業建設部長の答弁)。
井原市井原市 0×H22~23年に掛けての市議会で旧芳井町地区への道の駅建設に関する議論あり。但し、現在においても道の駅設置の具体的な検討は進んでいない。H30年市議会で市長は「芳井町編入後の新井原市の将来構想において、建設計画の中に道の駅建設はない」と道の駅設置を否定している。
岡山市岡山市 0×H28年の市議会で市側は「吉備路の周遊促進策の一つとして道の駅設置を検討している」と答弁。立地候補地として北区高松地区が示された。しかし、H30年市議会では道の駅設置計画の取り下げを表明。山陽自動車道の吉備SA、国民宿舎サンロード吉備路、JA岡山の産直施設が道の駅のコンセプトを有しているとして、新たな道の駅設置に関しては否定的な見解を示している。
鏡野町鏡野町 1既存の道の駅「奥津温泉」は物産館、レストランを備えているもののどちらも小規模。現在、道の駅「奥津温泉」に対して「飲食機能の強化による滞在型観光と食の拠点化計画」という名目で地方創生推進交付金の申請を行っている。現在、リニューアルのための設計書が完成。早期に工事に着工し、交付金の使用期限であるH31年度内に工事完了の予定。(H29年町議会にて町長の答弁より)
笠岡市笠岡市 1既存の道の駅「笠岡ベイファーム」の売り上げは開業当時のH23年度と比較すると約7倍の7億5千万円に上昇。来客者数も大幅に増えH29年度は年間89万人を記録。駐車場不足が問題になっており、駐車場の拡幅工事を行っている。市側は民間活力を活用した新しい道の駅建設についても言及。「競争力のある分野、例えば道の駅など、PPP/PFIを導入した事業は今、まさに検討中である」と答弁している。(H31年市議会の議論より)
吉備中央町吉備中央町 2既存の道の駅「かよう」は駐車場不足が問題になっている。現在、町側は県に対して駐車場拡張に向けた土の提供を要請中。要請が通り次第、駐車場拡張に着手する予定。(H30年町議会の議論より)
久米南町久米南町 1既存の道の駅「くめなん」はH28年5月にリニューアルオープン。地元食材を用いたレストラン、町内外の特産品を販売するアンテナショップ、情報コーナーが設けられた。
倉敷市倉敷市 0H27年6月に倉敷市道の駅整備推進委員会を立ち上げ、市内への道の駅設置の可能性について検討を行っていたが、H30年7月の豪雨により市内の真備町地区は壊滅的な被害となり、道の駅設置に関する議論も中断を余儀なくされている。H31年の市議会で議員より水害により閉鎖された真備町地区の道の駅を設置する提案に対して、市長は「真備町地区の復興はとても大切なこと。具体的な検討は進んでいないが、復興に関する施策として道の駅などが実現できるような方向で考えていきたい」と答弁している。
里庄町里庄町 0×議員から国道2号線バイパス(玉島笠岡道路)沿いに道の駅のような地場産品の展示即売施設の設置提案に対して、町長は「道の駅をつくるつもりはない」と否定した。(H29年町議会にて)
勝央町勝央町 0町の東部、勝央JCT近くにある「おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ」が町へ全面移管された。第4次勝央町振興計画には同施設を「指定管理者制度導入により民間の活力により集客を図る」と記載されている。道の駅登録に関しては明記されていないが、道の駅登録を申請する可能性も十分にあると考えられる。
新庄村新庄村 1既存の道の駅「メルヘンの里新庄」はH30年4月にリニューアルオープン。リニューアルに伴い駅名は「がいせん桜新庄宿」に変更となった。具体的な数値は不明だがリニューアル後は客数が大幅に増加した模様。今後、更なる道の駅の発展に向けて、新たに農作物加工場を整備する検討を行っている。(H31年村長の新年あいさつより)
瀬戸内市瀬戸内市 2市内の既存の2つの道の駅「一本松展望園」と「黒井山グリーンパーク」は施設老朽化が問題になっている。市側はハードを含めた施設のリニューアルを検討中。H31年度以降に全体構想を策定していく予定。(H30年市議会の議論より)
総社市総社市 0市の東部、岡山自動車道岡山総社IC付近に雪舟生誕地公園設置を計画中。公園に道の駅機能を設置するという議員提案に対して、市長は「大変良いアイデア。ただ、財政難のため公園設置が遅々として進まない状況。現在策定中の第2次総合計画の中で様々な議論を行いたい」と将来的な道の駅設置に含みを残した。(H27年市議会にて)
高梁市高梁市 0議員からの道の駅設置提案に対して、市長は「道の駅は人の流れの中でどうあるべきかを考える必要がある。H28年度より行政だけが考えるのではなく、商工会議所などの関係団体と共に検討していきたい」と答弁している。(H28年市議会にて)
玉野市玉野市 1
津山市津山市 1既存の道の駅「久米の里」は市西部の旧久米町にある。議員よりJR津山駅周辺に町なか道の駅設置の提案あり。市側は「国による補助金は事業主体の有無や事業内容の熟度、事業実施による効果など、いわゆる事業の蓋然性が問われることになる。町なか道の駅についてもこれらのポイントを整理した上で、事業としての実現可能性を高めていくことが重要」と答弁。道の駅設置に関しては今後長期的な視野で検討することを示唆している。(H28年市議会にて都市建設部長の答弁より)
奈義町奈義町 0H23年策定の奈義町まちづくり総合計画の中に「活気あるまちづくりチームの提言」という形で、町内にある直売所「山菜村」を道の駅にすると記載されているが、今のところ道の駅登録に向けた具体的な動きは特に見られない。
新見市新見市 1市議会で議員より「バイオマス発電関連の事業で民間業者がH31年度の稼働に向けて計画中。その木材の安定供給のために道の駅を整備する」との発言あり(H29年市議会の議論より)。但しH29年2月策定の「新見市バイオマス活用推進計画」の中には道の駅ではなく「木の駅」を整備すると記載されているため、議員の単なる勘違いという可能性もある。その他、H27年度の市議会では「JR新見駅前に道の駅的施設を建設することを地元と協議検討したい」と市側が発言している。
西粟倉村西粟倉村 1既存の道の駅「あわくらんど」はH26年度重点道の駅候補に選定。「あわくらんど」と隣接施設の「あわくら旬の里」を一体化してリニューアル整備する予定。
早島町早島町 0町内への道の駅建設は町長の選挙公約。国の道路建設課と協議を行ったが、道路建設課からは「周辺に道の駅は無いものの、代替となる休憩施設が多数あり、道の駅設置は難しい」との返答。現時点では町長は「道の駅を含めた民間施設による交流施設の誘致を目指す」と、道の駅には拘らないという答弁を行っている。(H30年町議会の議論より)
備前市備前市 0市内への道の駅設置を検討中。元々は市西部の大ヶ池隣接地(国道2号線沿い)に設置することを予定していたが、大ヶ池の貯水量の関係上、道の駅設置の適正地とはならず断念。現在は場所は未定ながら防災拠点を兼ねた複合的施設を兼ね揃えた道の駅設置を検討している。(H31年市議会にて市長の答弁より)
真庭市真庭市 3
美咲町美咲町 0国道53号線沿いに町民センターを建設予定だが、道の駅機能を付けて国からの補助金を得たらどうかと議員より提案あり。町長は「補助金制度を十分検討し、補助金制度を見合いながら道の駅建設も考えていきたい」と答弁。(H26年町議会にて)
美作市美作市 1中国自動車道の美作IC近くに市内2つ目の道の駅「(仮称)彩菜茶屋 美作インター店」を計画し、H26年度の重点道の駅候補にも選定されていたが、その後は難航。一時は計画凍結の状態であったがH29年度に入ってようやく道の駅設置の計画が動き出した。H31年1月には国、県と協議を行い実現可能性の目途が見えてきた状態。H29年議会で市長はH31年度内の設置を目指す答弁を行っていたが、現在の進捗状況を鑑みるとオープンまではもう少し時間が掛かりそう。(H31年市議会の議論より)
矢掛町矢掛町 0町の中心部に道の駅「(仮称)やかげ宿」を計画中。候補地は国道486号線沿いの矢掛町元町交差点付近。全国的に珍しい町並みを活かした市街地型道の駅となる予定。2019年3月オープンを予定していたが、計画は少し遅れており、今のところ2020年度内のオープンを目指すことになっている。(H31年町議会の議論より)
和気町和気町 0H29年12月の町議会に町西部の佐伯地区に道の駅を早期建設を求める請願書が提出された。この案件を付託された厚生産業常任委員会では全会一致でこの請願を採択することになった。