AROUND JAPAN

計画中の道の駅 島根県 各市町村の対応状況

島根県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
海士町海士町 0
飯南町飯南町 2既存の道の駅「頓原」の再整備を計画中。道の駅頓原連絡協議会を立ち上げ、町内外からの集客を図る計画になっている。(H28年町議会にて町長の答弁より)
出雲市出雲市 3現状、商業施設が存在しない道の駅「大社ご縁広場」のリニューアルを計画中。本駅の新たな活用に関する事業者が決定した。今後、出雲市の特色を生かしたサービスの提供が出来る道の駅になるように、事業者と協議を進める予定。(H29年市議会にて市長の答弁より)
雲南市雲南市 4既存の道の駅「さくらの里きすき」の隣接地に食の拠点施設「SAKURAマルシェ」の設置を計画中。既存の道の駅と一体となり、現状の来客者数年間約14万人を24万人に増やすことを目標としている。
大田市大田市 1山陰道(国道9号線)の仁摩・石見銀山IC付近に道の駅設置を計画中。農水産物販売、地産地消レストラン、石見神楽を体験できる施設等を併設する予定だったが、市の財政状況を鑑み施設規模の削減を検討中。まずはビジネスとして成功するための必要不可欠な機能に絞り込み、コンパクトにスタートするように見直している。オープンは当初計画通りH33年春を予定している。(H30年市議会にて市長の答弁より)
邑南町邑南町 1既存の道の駅「瑞穂」の再整備を計画中。H29年度までに基本計画を策定。H30年6月には国土交通省の補助事業である官民連携基盤整備調査費の対象事業に採択された。H32年10月に基本設計が完了する予定で、オープン時期は基本設計完了から数年後とみられる。(H30年町議会の議論より)
隠岐の島町隠岐の島町 0H29年3月策定の第2次隠岐の島町観光振興計画の中に「道の駅整備事業」が明記された。現段階ではH31年度から2年間掛けて整備を行い、H34年度にオープンの予定になっている。設置場所は明記されていないものの、隠岐汽船ターミナルビル周辺が有力と見られる。
奥出雲町奥出雲町 2既存の道の駅「奥出雲おろちループ」のH29年度来客数数は12万4千人。純利益はマイナス567万円、累積債務は1213万円と厳しい状況が続いている。対策として観光シーズンにテナントを出店する予定。奥出雲仁多米や奥出雲舞茸など、町の特産品を販売する。(H30年10月議会だより)
川本町川本町 1H30年3月の施政方針で既存の道の駅「インフォメーションセンター川本」の大規模改修を行う方針が示された。具体的にはH30年3月に廃線となったJR三江線の跡地を町が取得。跡地を駐車場拡張や、新施設の建設に充てる方針。(H30年町議会の議論より)
江津市江津市 1既存の道の駅「サンピコごうつ」の売り場増床を検討中。また、山陰道開通に向けて、山陰道のSA的存在とするために道の駅周辺にインターチェンジを設置するように国土交通省と交渉中。
知夫村知夫村 0第5次知夫村総合振興計画(H23年-H32年)には観光施策として「来居港において島内外の交流拠点となるべきターミナル施設を整備する」と記載されている。道の駅的施設になるものと思われるが、「道の駅」ではなく「島の駅」登録を目指す予定。
津和野町津和野町 2
西ノ島町西ノ島町 0国道485号線近くにある「隠岐シーサイドホテル鶴丸」が山陰地方で初めてとなる海の駅に認定された。国道沿いにあるものの道の駅W登録に向けた動きは特に見られない。
浜田市浜田市 22016年12月に浜田三隅道路(国道9号線高規格道路)が完成。旧国道9号線沿いに位置する道の駅「ゆうひパーク三隅」は沿道の交通量の減少の影響を受けて業績が大幅に悪化している。市側は道の駅というブランド力を生かして情報発信を行い業績回復に努める予定だが、既に本駅の経営会社の資産残高はピーク時の半分を切っており、破綻する寸前の状況となっている。市側は「このような赤字の状況が続けば、市としては必要な施設だけれども、どうするか議論しなければならない」と閉鎖を示唆している。(H29年予算決算委員会の議論より)
益田市益田市 2H27年度の施政方針で市長は市の中心部に道の駅設置の計画を進めることを発表。H29年度には基本計画策定のための予算が計上されたが、民間業者との協業の懸念等でH29年度内に基本計画を策定するには至らなかった。元々はH32年度オープンの予定であったが、オープン時期は大幅に遅れる見通し。(H30年市議会の議論より)
松江市松江市 0市では民間主体の産直施設の設置を計画中。道の駅登録については今のところ特に触れていないが、道の駅登録を視野に入れている可能性も否定できない。
美郷町美郷町 1町内の既存の道の駅「グリーンロード大和」の年間利用客はおよそ2万2千人で、全国の道の駅の中でも最低のレベル。今後、法人化を検討するなど道の駅活性化に向けた取り組みを行う予定。(H26年町議会の議論より)
安来市安来市 2市の東部、中海ふれあい公園に道の駅設置を計画中。元々は中海干拓事業の一環として浮上した道の駅計画だが、干拓事業が中止となり道の駅構想も一時凍結。H17年に再び道の駅整備を行うことを県と市が確認し、現在に至っている。副市長は「市民にできる限り早く説明ができるように事業推進を図っていきたい」と答弁。(H26年市議会にて)
吉賀町吉賀町 2町の南東部、妙味神社近くの町有地に道の駅を設置するという議員からの提案に対して、町長は「今後財政的に厳しくなる状況の中で、このような開発型の事業がこの町に相応しいか疑問である」と道の駅新設に慎重な構えを見せる。(H27年町議会の議論より)