AROUND JAPAN

計画中の道の駅 和歌山県 各市町村の対応状況

和歌山県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
有田川町有田川町 4
有田市有田市 0市内への道の駅設置に関して、市側は「観光拠点として道の駅設置は重要な選択肢として考えている。どこに設置するのか、誰が事業主体者になるのか、事業として整備するのか、このようなことをシミュレーションした上で設置の是非を検討したい」と答弁している。(H28年市議会にて経営管理部理事の答弁)
印南町印南町 0印南町は南紀地方で唯一高速道路のSAが存在する町。以前、SAをハイウェイオアシス(道の駅)として活用する検討がされたが、採算性を考慮して実現せず。最近は切目川ダム完成に伴い、ダム周辺の国道425号線沿いに道の駅建設の検討が行われている。(H25年町議会にて町長の答弁)
岩出市岩出市 2H29年春登録の道の駅「ねごろ歴史の丘」はH29年12月24日にグランドオープン。既存の根来歴史資料館、ご縁ショップ、食事処に加えて、新たに物販施設と情報コーナーが加わった。但し、市長は将来の見込みについては「他所の道の駅など近隣の観光地との競争が激しく、勝ち残っていくのは大変困難」と早くも弱気な発言をしている。(H29年市議会にて)
海南市海南市 0市内への道の駅設置を計画中。H29年9月策定の第2次海南市総合計画の中には道の駅設置の計画は入っていなかったが、H30年5月に計画に修正が入り道の駅設置を重点プロジェクトとして追加した。場所は市南西部の下津町小南地区の国道42号線沿い。H31年度より用地取得のための交渉に入り、H33年度には工事に着手、H34年度のオープンを予定している。(H30年市議会の議論より)
かつらぎ町かつらぎ町 2H29年4月に町内3つ目となる道の駅「くしがきの里」がオープン。町内の各々の道の駅の来客者数、売上は計画通り、あるいは計画を上回っているが、道の駅を含めた箱物の建設が続いたため町の財政が悪化して問題になっている。H30年の決算審査特別委員会で委員長は「建設事業が一時的に集中し公債費も増加した。漫然と行財政運営を行ってきたところに原因がある」と述べている。
上富田町上富田町 1
北山村北山村 1
紀の川市紀の川市 1H27年秋に道の駅登録された「青洲の里」の再編を計画中。既にH28年度に再編のための基本計画を策定している。具体的には農作物直売所の建設、隣接公園におけるイベント開催などが予定されている。(H30年市議会の議論より)
紀美野町紀美野町 0本町の道の駅検討はH23年度に道の駅策定委員会が発足した後より継続して行われている。H25年には国道370号線沿いの平成大橋付近が立地候補地に挙がったが、地盤が弱いために候補地を変更。現在、役場内で具体的な検討を行う道の駅プロジェクトチームを発足させ、候補地、持たせる機能等を検討している。設置時期は未定であるが、町長も多数の議員も「道の駅は絶対に必要」という点では一致している。(H29年町議会の議論より)
串本町串本町 1本州最南端にある道の駅「くしもと橋杭岩」は町の想定を上回る年間約30万人の観光客が来場し駐車場不足が発生している。対策として漁協施設の一部を駐車場にすることを計画している。(H29年町議会にて産業課長の答弁より)
九度山町九度山町 1
高野町高野町 0町の西部、国道480号線沿いの花坂地区に地域振興施設付きの休憩所を設置予定。但し町長は「道の駅というのはどうかなとは思うが、小休憩できるような施設が必要」と発言しているように道の駅登録までは考えていない模様。(H26年町議会で町長の発言より)
古座川町古座川町 3
御坊市御坊市 0H30年市議会の議論の中で「湯浅御坊道路の川辺ICがフル化(現状は和歌山方面のみ出入り可能なハーフインター)が計画されているが、年間23万人の来客者数がある道成寺近辺に将来的に道の駅を作りたいという話もある」という議員の発言があり。この発言だけではどの程度道の駅計画が具体化されているか推測は出来ないが、元々、市側も市内へ道の駅を設置することは大変有効と考えており、今後、具体化に向かう可能性もありそう。
白浜町白浜町 2H27年に白浜温泉街にある「フィッシャーマンワーフ白浜」、或いは「茜千畳茶屋」を道の駅に登録する方針が示されたが、その後は特に登録に向けた動きは無し。頓挫、或いは方針変更した可能性がある。一方、H29年町議会で高速道路と白浜空港を結ぶフラワーライン上の町有地に道の駅を設置する提案が議員より出されている。町長は「この町有地は様々な利用が想定できる有効な土地と考えているが、埋め立て地であるため地盤沈下が生じる可能性があるので経過を監視する必要がある」と答弁している。
新宮市新宮市 1市の東部、熊野灘近くの広角地区に道の駅を建設する予定になっていたが、計画はあまり進んでいない模様。H30年の市議会で市側は「広角の道の駅に関しては消滅したということではない。ただ、すごく画期的な前進を見ていないのは事実。国土交通省との関係は堅持しているという状況」と答弁している。一方、H23年の台風被害により休止していた既存の道の駅「瀞峡街道熊野川」はH30年3月に復活。道の駅の中心施設となる川舟センターと地域振興センターがオープンした。
すさみ町すさみ町 2H27年9月にオープンした道の駅「すさみ」は早くも拡張を計画中。温泉施設、体験型海水プール、バーベキュー広場、キャンプ施設、宿泊施設などを整備する方針。なお、道の駅「すさみ」はH27年度の重点道の駅に選定されている(H29年町議会にて町長の答弁より)。一方、H7年オープンの道の駅「イノブータンランド・すさみ」は無料高速開通に伴い沿道の国道の交通量が激減。トイレのみ使用可能で事実上閉鎖の状態になった。
太地町太地町 1H27年春に登録された道の駅「たいじ」はH29年8月11日にようやくオープンした。場所は国道42号線沿いの森浦湾の入り口付近。物産館とフードコーナーがある。H26年度の重点道の駅に選定されている。
田辺市田辺市 7
那智勝浦町那智勝浦町 1勝浦漁港の再建策として、町では「勝浦漁港にぎわい拠点施設整備事業」を展開中。道の駅のような賑わいの拠点を構築する計画だが、現時点では道の駅登録に関する話は出ていない模様。
橋本市橋本市 0×H26年からH27年に国道371号線沿いにある杉村公園内に道の駅を設置することを検討していたが、補助金のダウンや主体となる事業者確保が出来なかったためH28年度に正式に断念。H29年12月の市議会で改めて議員より道の駅設置の提案があったが、市側は「市内には12箇所の直売所が既に存在し利益も上げているため現状では新たな道の駅設置の計画は無いが、今後農作物生産の増加が見込まれる場合は道の駅登録要件に合致しなくても直売所の設置を研究する」との答弁に留まっている。
日高川町日高川町 1
日高町日高町 0H19年に市内の温泉館を道の駅にするという議論があったが(H19年町議会の議論より)、その後は特に道の駅設置の動きは見られない。
広川町広川町 0H25年の町議会で市内の施設「ふれあい館」を道の駅にする提案が議員より出されたが、町長は「費用対効果を考えると難しい」と否定的見解を示す。その「ふれあい館」がH30年3月にリニューアルオープン。物産館と喫茶店を備えたミニ道の駅的施設になる予定だが、今のところ道の駅登録の話は聞こえてこない。但し、町の産業・厚生委員会が和歌山県太地町の道の駅を視察し、「館内を町行政の参考にしたい」と話しており、水面下で道の駅登録を目指している可能性もゼロではなさそう。
みなべ町みなべ町 1
美浜町美浜町 0H23年の現町長の所信表明で「買い物弱者の対策のため町内に道の駅を設置を検討する」と発言したが、H27年町議会で道の駅設置に関して議員から質問された際に「現在、コンビニや移動販売によって買い物弱者の問題は大きく解消された」と道の駅設置発言を取り下げた。
湯浅町湯浅町 0第三次湯浅町長期総合計画(H23年-H32年)には「道路利用者の休憩や地域交流を推進するため、道の駅の設置について検討する」と明記されているが、具体的な進捗状況に関しては不明。また町議会で議員からの湯浅御坊道路の湯浅IC近くの山田地区に道の駅設置の提案に対しては、町側は「(山田地区からは東に約1キロの)湯浅町伝統的建造物群保存地区内の警察官舎跡地に販売施設を設け、その場所で山田地区の特産品を販売したい」と答弁。山田地区への道の駅設置は否定している。(H29年町議会にて産業観光課長の答弁より)
由良町由良町 1既存の道の駅「白崎海洋公園」はH30年9月の台風21号による高波被害により施設は休止中。H31年4月20日に駐車場と24時間トイレは利用可能になる予定だが、物産施設とレストランの再開予定見通しは現状では立っていない。但し、物産等の催し物は随時開催される予定になっている。
和歌山市和歌山市 0和歌山市では2つの道の駅設置を計画中。一つは市東部の明王寺地区にある四季の郷公園をリニューアルして道の駅にする計画でH31年度内にオープンを予定している。もう一つは和歌山港近くにある中央卸売市場をリニューアルして道の駅にする計画でこちらはH34年度オープンを予定している。