AROUND JAPAN

計画中の道の駅 山口県 各市町村の対応状況

山口県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
阿武町阿武町 1阿武町は道の駅発祥の地と呼ばれているが、今まではそれをアピールするものは少ない。今後、道の駅発祥の地を銘打った特産品の開発など道の駅発祥の地を観光アピールに用いる方針。
岩国市岩国市 1H27年に開催された市の特別委員会で玖西地区(岩国市西部)に西日本最大級の売り場面積を持つ道の駅設置の提案あり。但し、提案から3年が経過した現在でも具体的な進捗は見られない。市長は「玖西地区にとって活性化という意味で道の駅が必要か、立地場所を含めて十分に検討していく必要は十分に感じている」と過去の市側の発言よりも一歩踏み込んだ答弁を行っている。(H30年市議会の議論より)
宇部市宇部市 0市の中央部にある持世寺温泉に道の駅を設置するという議員提案に対して、市側は「道の駅は大きな駐車場と核となる施設が必要だが、国が定める基準を考慮すると道の駅として整備するには大きな課題がある」と消極的な姿勢(H23年市議会で市長の答弁)。また、市議会では毎年のように議員から国道2号線沿いに道の駅設置提案が出されているが、市側の回答は毎回同じで「貴重な意見として賜りたい」。
上関町上関町 1H26年11月オープンの道の駅「上関海峡」は開業2年半のH29年7月3日に来場者数50万人を達成。H29年上半期は304万円の利益を計上した。
下松市下松市 0下松市南部の笠戸島にある笠戸島ハイツはH31年3月に休館、H33年4月に道の駅を想定した施設としてリニューアル予定。H28年3月に退任した前市長は道の駅設置に常に否定的な見解を示していたが、市長交代によって道の駅誘致へと方針が変更された模様。なお、笠戸島は通行料無料の笠戸大橋で本州と結ばれている。
山陽小野田市山陽小野田市 0×第1次山陽小野田市総合計画(H20年-H29年)の中には「にぎわいと活力に満ちたまちづくりを推進する策として道の駅設置を検討する」と記載されているが、H28年の市議会で市側は「道の駅のような構想は今現在、持ち合わせていない」と答弁している。(H28年市議会にて総合政策部長の答弁より)
下関市下関市 3市の西部の旧豊浦町地区に地元商工会から道の駅設置の提案あり。市長は「川棚温泉にあるとんがり帽子(直売所)を生かして、まず実績を作ってもらいたい」と発言(H27年市議会にて)。H27年の市議会に道の駅建設の請願書が提出されたが反対多数で採択されなかった。
周南市周南市 1道の駅に関する市の構想は東部と西部に一つずつ道の駅を設置するというもの。西部地区には先行して「ソレーネ周南」がオープン。東部地区はソレーネ周南の成果を踏まえて改めてどうするか判断する方針(H27年市議会にて市長の答弁)。但し、H27年度決算で「ソレーネ周南」が赤字となったため、東部地区の道の駅設置計画に影響があると考えられる(H28年市議会の議論より)。
周防大島町周防大島町 1既存の道の駅「サザンセトとうわ」のリニューアルを計画中。特産品販売所の増設、トイレ、駐車場の整備を行う予定。H28年度より実施設計を行う。(H28年度町長の施政方針より)
田布施町田布施町 0町の南東部の海岸沿い、麻里地区に道の駅を設置するという議員提案に対して、町長は「麻里府の活性のためには何が一番いいかということを考えと皆さんと一緒に協議をさせて頂きたい」と道の駅には拘らないものの、活性化施設の設置に積極的な姿勢を見せる。(H26年町議会にて)
長門市長門市 1H29年11月に登録された道の駅「センザキッチン」はH30年4月に道の駅として正式オープンした。場所は市の北部、青海島との連絡橋がある仙崎地区。物産館、レストランの他に「長門おもちゃ美術館」を併設する。
萩市萩市 7市内に7つの道の駅を有する萩市では新たな道の駅建設は考えていない模様。既存の道の駅、特に「ゆとりパークたまがわ」の活性化に向けた対策を行う方針。(H28年市議会の議論より)
光市光市 0×市側は市内にある「里の厨」や「冠山総合公園」が道の駅相当の役割を果たしていると考えており、市内に道の駅設置は考えていない模様。議員からの虹ヶ丘地区(市の西部)、或いは冠山総合公園(市の南東部)に道の駅を設置する提案に対して「現在の周辺の土地利用状況や地元小売業に与える影響等を考えると非常に困難」と答弁している。(H28年市議会にて建設部長の答弁)
平生町平生町 0瀬戸内海沿いにある丸山海浜パーク(佐賀地区)の土地を町が購入。議員から丸山海浜パークの土地を利用した道の駅設置の提案に対して、町長は「丸山海浜パークの土地利用に関してはこれから考えたい」と答弁している。(H29年町議会にて)
防府市防府市 1市内初となる道の駅「潮彩市場防府」はH27年10月にオープン。主要道から離れているところが難点で、更なる集客を図るため金融機関と連携して事業戦略を策定する方針。(H28年市議会の議論より)
美祢市美祢市 2施設の老朽化が見られる既存の道の駅「おふく」の改修を計画中。主に内装を変更予定で、市を代表する観光地の秋吉台をイメージしたカルスター基調に模様替えされる予定。(H29年市議会にて予算決算委員長の答弁より)
柳井市柳井市 0市の東部にある大畠観光センター(国道437号線沿い)を改修し道の駅にすることを検討中。道の駅登録条件の内、既に駐車場の台数は基準を満たしている。今後は24時間トイレの増設、情報発信機能の充実、バリアフリー化を行う予定。また、現在出店しているテナントや地元住民の意見を踏まえて道の駅登録申請を行うか判断を行う。(H29年市議会にて経済部長の答弁より)
山口市山口市 0JR新山口駅北側に建設費95億円の「新山口駅北地区拠点施設整備構想」を計画中。この計画の重点整備方針の一つに市内外の農水産物を販売する「スーパー道の駅構想」がある。スーパー道の駅構想に関する市議会の議論はH28年度以降、鳴りを潜めていたが、H30年6月の市議会で久々に議論されている。市側は「スーパー道の駅に関しては重要な機能であるという認識には現在も変わらない」と答弁。今後、山口県を初め各関係機関との協議を進めていく方針。但し「スーパー道の駅」が国土交通省が認可する正式な道の駅を意味しているのかに関しては不明。なお、新山口駅北地区拠点施設はH32年度末に完成予定になっている。
和木町和木町 0