八千代市 状況

既存の道の駅「やちよ」は川の両岸にある「八千代ふるさとセンター」と「やちよ農業交流センター」を合わせると年間65万人が訪れる人気の観光スポット。県内では初の防災道の駅に認定されている。2022年度より防災機能の充実と共に、平時の更なる賑わいの拠点化を目指す施設改修を行っている。(2022年11月市議会の議論より)