太子町 状況

既存の道の駅「近つ飛鳥の里太子」は2022年度より公募で選考された新たな事業者による運営がスタート。地域振興及び観光拠点施設として、より効率的かつ効果的な活用を進める方針。また、2015年3月の町議会で議員より南阪奈道路の太子ICを活用した町内2つ目の道の駅設置の提案があった。ただ、その後は町議会で2つ目の道の駅設置に関する議論は行われていない。前回の総合計画に記されていた「太子インターチェンジ周辺において、地域経済の活性化につながる産業の誘致に努める」という道の駅誘致を示唆する文言も、2020年策定の第6次太子町総合計画では記載がなくなっている。