千早赤阪村 状況

「日本一かわいい道の駅」をキャッチフレーズにした本村の道の駅「ちはやあかさか」だが、2018年2月に当時の受託者である楠公史跡保存会が突然、一方的に道の駅閉鎖を発表。その後、一般社団法人ちはやあかさかくらすとの協議を重ね同年4月に暫定リニューアルオープンした。その後は暫定オープンの状態が続いているが、本格オープンについて村側は「村内には道の駅を含めて2つの農作物直売所があるが、2つの同様の施設を維持するのは困難と考えている。道の駅と農産物直売所との連携が必要であり、これらの施設がどのようにうまく連携できるかを検討している状況」と答弁している。過去には新しい道の駅設置を目指すという村長の発言もあったが、このような状況では道の駅新設は難しそう。近年の村議会では道の駅新設に関する議論は行われていない。(2019年9月村議会の議論より)