AROUND JAPAN

計画中の道の駅 広島県 各市町村の対応状況

広島県の各市町村の道の駅の設置計画の対応状況です。

(本サイトに掲載している内容は各市町村の議会議事録等、公開されている文書から調査した情報です。 各市町村が非公開で進めている案件、或は中止・中断の情報が非公開の場合など、 本サイトの情報が実情に合致していない場合もあります。あらかじめご了承願います。)

記号の説明:
 ◎ : 建設中
 ○ : 具体的に計画中
 ▲ : 前向きに検討中
 △ : 設置の是非を検討中
 × : 設置を否定、又は断念
 - : 設置に関する議論なし

市町村市町村既登録数状況状況詳細
安芸太田町安芸太田町 1既存の道の駅「来夢とごうち」の再整備計画あり。道を挟んで北側に道の駅を移転し施設を建て替えることを計画中。H30年度に実施設計、H31年度に工事、H32年度にオープンの予定。(H28年町議会の議論より)
安芸高田市安芸高田市 1国道54号線沿いの「ふれあいたかた産直市」に防災機能付きの道の駅「(仮称)あきたかた」を計画中。H32年度オープン予定。物産館、農作物直売所、レストランを備えた道の駅を計画している。また、道の駅観光の一大イベントとしてとして田んぼアートを予定している。(H30年市議会にて市長の答弁より)
江田島市江田島市 0江田島市では以前から民間主導の道の駅設置を検討中。H26年度には江田島オリーブ株式会社にオリーブに特化した道の駅設置を打診したことがある(結果は不明)。H29年の市議会で議員より道の駅設置の可能性を質問された際、市側は「道の駅に限定されないが、集客施設に関しては民間企業の状況を注視しながら研究していきたい」と答弁している。
大崎上島町大崎上島町 0H27年6月に設置された地方創生調査特別委員会で道の駅「(仮称)大崎上島」設置の提言有り。島内で収穫された農作物、水産物、工芸品を販売する複合施設を整備する予定(H27年の議会だより)。但し、H28年度以降は道の駅設置に関する動きはみられず、立ち消えになった可能性もある。
大竹市大竹市 0まちづくり対策特別委員会の中間報告がH27.06市議会で行われ、道の駅は岩国大竹道路出入り口付近が適しているという報告が行われた。但し、この報告は事業費等を考慮した具体的な計画ではなく、将来大竹市がこうなってほしいと考え、自由に意見を出し合ったもの。
尾道市尾道市 1既存の道の駅「クロスロードみつぎ」はH26年度重点道の駅に選定。立ち寄り型の道の駅から目的地となるために施設のリニューアルを計画中。地産地消レストランや御調高校と連携した農作物の6次産業化に取り組む。
海田町海田町 0
北広島町北広島町 2
熊野町熊野町 0筆生産が盛んな熊野町の観光拠点は市の南西部にある「筆の里工房」。現在、筆の里工房をリニューアルして道の駅的に利用する計画があるが、町長は議会で「道の駅とまではいかないが、そのような施設ができればよいと思う」と発言。道の駅登録までは視野に入れていない模様。(H26年町議会にて)
呉市呉市 0市は映画「この世界の片隅に」にも登場する青山クラブ(旧呉海軍下士官兵集会所)を国から買い取り、新たな観光拠点とする予定。生演奏を楽しみながら飲食が出来るレストランや、地域の特産品の販売を行う施設にすることを計画している。議員より「道の駅にしたら良いのでは」という提案に対して、市側は「道の駅とまではいかないが、観光駐車場など観光拠点を結ぶ結節点としての機能をあわせて整備したい」と答弁している。(H29年市議会にて企画部長の答弁より)
坂町坂町 0町内には西日本最大級の人工ビーチ「ベイサイドビーチ坂」がある。ビーチ内には海水浴シーズンのみ物産販売施設や飲食物提供施設が設置されるが、現在、坂町ではベイサイドビーチ坂の常設施設計画が策定されている。議員より「道の駅、または海の駅にしたらどうか」という提案があるが、町側は「道の駅は道路区域内に設置する必要がある。このため人工海浜内への道の駅設置は難しい」と答弁している(正確には駐車場を国が整備する「一体型」道の駅としての整備が難しい)。なお、ベイサイドビーチ坂の常設施設はH31年度に設置される計画になっている。(H29年町議会にて産業建設課長の答弁より)
庄原市庄原市 3
神石高原町神石高原町 1既存の道の駅「さんわ182ステーション」のリニューアルを検討中。ただ買い物をするだけの場所ではなく、子供から大人まで滞在して楽しい道の駅となるように、企画・立案を行っている。(H29年町議会にて町長の答弁より)
世羅町世羅町 1H27年5月にオープンした道の駅「世羅」は計画を上回る来場者と売り上げを記録。H28年度は年間来客者数200万人を達成した。
竹原市竹原市 1
廿日市市廿日市市 1×市の西部の大野支所に道の駅設置を計画していたが用地取得や交通処理上の問題点のため断念(H26年市議会の議論より)。またH25年度より既存の道の駅「スパ羅漢」の廃止を検討していたが、最近になって利用者数が増加していることより道の駅供用を継続することになった。(H28年市議会にて環境産業部長の答弁より)
東広島市東広島市 0国道2号線西条バイパスに道の駅「(仮称)西条」の設置を計画中。H32年度オープンの予定。H30年の市議会で道の駅整備に必要な土地を購入する議案が可決された。
広島市広島市 0安芸北区の白木地区、中区の江波地区等に議員からの道の駅設置要望が出ているが、今のところ道の駅設置に向けた具体的な動きは見られない。
福山市福山市 1H26年に廃止となった福山競馬場跡地に道の駅設置の検討がされたが、道の駅ではなく体育館と公園を設置することになった。またH29年市議会で議員より市西部の芦田町地区に道の駅設置の提案あり。市長は「道の駅新設には相当なコストが掛かる。また周辺の交通量が少ないことを考えると運営上困難が予想される」と否定的な見解を述べるが、一方「芦田町エリアにある動物園は多くの来場者があり、これを地域活性化につなげていくことは極めて重要。現実的にどのようなことができるのか,地域とともに具体的な検討したい」と道の駅設置に含みを残す発言も行っている。
府中市府中市 1H28年10月オープンの道の駅「びんご府中」は町の中心街にある道の駅の割には経営に苦戦中。オープンからH29年8月までの11ヵ月のレジ通過者は15万人、売上高は1億3千万円。レジ通過者は目標値の年間20万人に近い数値だが、売り上げは年間目標の2億5千万円には遠く及ばない数値になっている。(H29年市議会の議論より)
府中町府中町 0
三原市三原市 2
三次市三次市 2既存の道の駅「ゆめランド布野」はH27年度重点道の駅に選定。国道54号線沿いの4つの道の駅が連携して体験型観光イベントなどを実施する予定。